みけちゃんの気まま日記

パピヨンのりりーとあんずや大好きなバラの事・りりあんやバラを撮る内に写真を撮るのも楽しむようになって日常の事お出かけの事きままに書いています。懸賞はお休み中☆

梅雨ー梅雨明け時期のよくあるバラの症状~♪  

今日も暑いですね~

昨日の昼から急に暑くなったりりー地方
この気温だとりりーはどこで休んでいるんだろうって覗いてみると・・・

いましたよ~
玄関は比較的涼しいので玄関のりりーのラグマットの上ですね~
もっと暑くなると玄関のタイルで寝るようになるのですが、まだラグマットで寝れる気温みたいですね~

冷却マットもあるんだけど、たまにしか乗らないな~

でも、今年はまだそんなに暑くなってないので過ごしやすいですね~



リリー207081


昨日はバラ講習受けてきて今のよくあるバラの症状について教えてもらったので紹介します。
興味のない人はすっとばして下さい。私の記録として書いてます。


ちょっと白っぽくなった葉がありますね、それは触るとごわごわしてかさかさしています
この症状は 日焼け
右の葉の色と比べても明らかに薄いですよね、触らなくてもいいけどあまり機能しなさそうなので新しい葉が出てきてから切っても良いそうですよ。

こういう症状はこの葉だけちょっと出ているとか単独で日に当りやすい時に出るようです。
わが家のバラにもたまにいますね~



講習207081

なんらかの要因で栄養失調になった葉が薄い緑色になっているのも、この時期に見られます。
深い緑色した葉は強い日差しを受けてもそんなに暑くならないのですが、薄い緑色の葉は薄くてペラペラなので葉が暑くなります。

液肥などでカバーしてあげましょう~
講習207082

これも今の時期に見られますね~

シュートが一つだけ飛び出して伸びている状態

好き好きでしょうけどこのままではバランスが悪いですね~

私ならピンクの線辺りでばっさり切ります


講習207083

この場合も好き好きですが、私はピンクの線で切ります

とってもバランスが悪いですよね、手前の下で花咲いていて上の方にはシュートが出てきて今から咲く花があんな上の方だしね~

講習207084

これは前2つに比べてバランス良くシュートが出てきていると思えます
花が咲くときに同じ目線で見れる高さに咲くように切るのが私達の仕事ですね~


講習207085

この葉の状態も今の急に暑くなった時にやらかしてしまった症状です!!

薬害です

梅雨時期は雨がちなのでそんなに温度も上がらない時もあるので薬を撒くとき規定の濃度で撒いてしまいますが、暑くなるとかなり薄めないと葉がこんな風に黒く焼けてしまいます。
気をつけましょう~~~

黒点病の予防にダコニールという薬を今日撒きましたが、規定濃度1000倍なのですが、今日は2000倍まで薄めて撒きました~

今の時期に葉にダメージを受けると秋の花が今ひとつとなりかねないので少しのてまが必要ですね~

講習207087

この葉が縮れていたり微妙に黒い模様がついているのが  (スリップス)キイロアザミウマで葉を傷めます。

こういう風になったらやっぱり薬まきますね、私はアントムという薬を撒きました。


あと葉のダメージが大きいのはハダニの仕業もあります。
これも薬で駆除するのがいいようです。

ハダニは20日で生まれてまた生むので2種類の薬を1週間以内に撒くのが有効らしいです。

後はちょっと生薬みたいなのでニームも効くそうですが、即効性はないですね~



講習207086




我が家でも被害の多い、黒点病~
にっくき斑点ですね~
この病気にかかると落葉して光合成ができなくなるので株が弱りますね~

でもこの病気でバラ死ぬって事はなさそうなのでそんなに心配はしなくてもいいけどやはりきれいな花が見たいからね~

なので薬を撒きますよ~
私はハイポネックスのサルバトーレとダコニール&サプロールを交互に撒きます


講習207088




これが、薬が効いた状態の葉です。
薬撒いた後に黒点の周りが黄色くなっているのが治療跡の証拠なんですよ~

黒点にかかったからといってむやみやたらと緑色の葉までちぎらないように・・・ちゃんと薬が効くようですよ。
(私は数年前までどうせ落葉するんだからとちぎっていた・・・だめだそうです、落ちた葉はすぐ撤去しないと菌が繁殖するけど枝についているものを無理やりは取らない、少しでも光合成するからね)

講習207089

つるばらでこの時期、花柄を切らずにいたら今はこんな状態になっているそうです。
本当なら今頃新しいシュートが出ているのでちっとも出ていないんです。



講習2070810

これが今頃のつるばらの姿でちゃんと花柄を切っていたので新しいシュートが沢山出ていますね~
ちょっと私はつるばらの処理はあまりわからないのですが、この場合だったら写真の新しいという字辺りで切ってシュートがのびたらこれを誘引してみるという感じでされるのかな~(例えばですけど~)

講習2070811

こんな感じで今頃のバラの代表的な症状を教えて頂きました。



なので早速薬を撒いたり秋に向けてバランスよくシュートを出すようにカットしたりとしないとね~
後はバテないように液体肥料もあげたい所です。
気をつけないといけないのは、弱った株に濃い肥料は禁物ですからね~


あっそうそう、ツルバラとか今切ったらお詫び肥えをあげるといいそうです。




これから夏は暑さ体策が必要ですね~♪




今日は頑張ってバラのお手入れめずらしく頑張りました~♪

ぽちっとお願いします~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Posted on 2012/07/09 Mon. 18:18 [edit]

category: バラ講習

最新記事

フリーエリア

フリーエリア

プロフィール

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード